パックス通信

2019.02.06

お祭り

お祭りを盛り上げよう!~幼稚園、保育園、認定こども園のお祭りにはアルミやぐらが喜ばれる理由~

幼稚園、保育園、認定こども園の季節イベントやお祭りで大活躍する「やぐら」。みんなで一緒にやぐらを囲んで踊ったり歌ったりすると不思議な一体感で会場が盛り上がります。やぐらは木で組まれるイメージが強いですが、最近はアルミ製のやぐらに人気があります。今回はアルミ製のやぐらの良いところや小さな子どもが沢山いる場所(幼稚園、保育園、認定こども園など)にやぐらを取り入れる際の購入方法や注意点をご紹介いたします。


1.小さな子どもは賑やかなお祭りが大好き!

幼稚園、保育園、認定こども園の季節イベントやお祭りで大活躍する「やぐら」。みんなで一緒にやぐらを囲んで踊ったり歌ったりすると不思議な一体感で会場が盛り上がります。やぐらは木で組まれるイメージが強いですが、最近はアルミ製のやぐらに人気があります。今回はアルミ製のやぐらの良いところや小さな子どもが沢山いる場所(幼稚園、保育園、認定こども園など)にやぐらを取り入れる際の購入方法や注意点をご紹介いたします。

1.小さな子どもは賑やかなお祭りが大好き!

■お祭りに「やぐら」を取り入れてみませんか?

昔から日本人はお祭りが大好きです。お祭りの季節になると、大人も子どもも気持ちが浮き立ち、わくわくしながら会場に足を運びました。親に連れられた子どもたちは遠くから「やぐら」の姿が目に入るだけで大きな高揚感に包まれ夢中になってはしゃいでいました。

小さな子どもたちが沢山いる幼稚園、保育園、認定こども園などのお祭りにも「やぐら」の存在はかかせません。やぐらが組んであるだけで、いつも見慣れた園庭に活気がみなぎり、子どもたちは目を輝かせます。小さな子どもたちは賑やかなお祭りが大好きなのです。

お祭りの主役であるやぐらは、木や鉄で組まれているものが多数です。しかし木や鉄は重く、組み立てには人手や時間がかかります。現在ではアルミ製のやぐらが登場し「組み立てが楽」と多くの注目が集まっています。他にもアルミやぐらの良いところをいくつかご紹介いたします。

2.アルミやぐらの良いところ

■軽い

アルミだから女性の方でも楽に持ち運ぶことができます。アルミやぐらはとてもコンパクトに折りたためるので収納場所にも困りません。

■組み立ての手間がいらない

木や鉄のやぐらと違い、組み立ての際に工具が要りません。簡単に組み立てられるように設計されているので、多くの幼稚園や保育園、認定こども園で採用されています。また撤去にも時間がかからないので急な天候不良にもすぐに対応できます。

■サイズや形が豊富

アルミやぐらには色々なサイズがあります。組み立て時に大人の膝の高さくらいのものから成人男性の背丈ほどのものまであります。祭りの会場や規模に合わせてステージの高さも選べるのでみんなで盛り上がれること間違いありません。支柱を外すとステージや撮影台としても使えるので、あらゆるシーンで活用でき大変便利です。

■耐久性に優れている

細部までこだわって設計、加工が施されているので耐久性に優れています。アルミの特性を生かして製造し、第三者機関による厳しい荷重試験を行った結果、天板1枚サイズ(900✕900mm)で最大荷重3トンという重さにも耐えられるアルミやぐらが作られています。

■管理がしやすい

サビに強いので水濡れだって心配ありません。簡単なメンテナンスだけで繰り返し使え、管理コストがかからないので幼稚園、保育園、認定こども園の先生たちにも安心です。

3.幼稚園、保育園、認定こども園のお祭りにアルミやぐらを取り入れたい!

■アルミやぐらの値段

アルミやぐらの値段は一番小さなサイズのものが80万円ほど、一番大きなやぐらになると500万円近くになりますが、長い目で見ると毎回レンタルするよりもお得になります。

はじめにもお伝えした通り、やぐらはお祭りに欠かせないものです。やぐらを見た人達は心が一つになり、会場の熱気はさらに盛り上がりを見せます。

アルミやぐらは木や鉄と違い組み立てに時間や手間を要しません。しかも耐久性に優れ非常に軽く、コンパクトに収納できるので管理がしやすいというメリットがあります。アルミやぐらは幼稚園、保育園、認定こども園でのお祭りには最適と言えます。アルミやぐらを取り入れることで、子ども達だけでなく保護者の方やおじいちゃん、おばあちゃん、近所の人たちも楽しくお祭りに参加できることでしょう。