よくある質問

弊社にお寄せいただくお客様からの質問の一部をご紹介します。

アルミ製ステージのよくあるご質問

重たい楽器を置いたり、ミュージシャンが演奏したり、ダンサーが踊ったりしますが、アルミステージの耐久性・安全性は?
天板規格:900×600mmで鉛直荷重2,071kg(2.0t)・天板規格:900×900mmで3,071kg(3.0t)に耐えられます<(財)日本建築総合試験所にて実施>。次に、ステージ上で人が過激な動きするときに、発生する横方向への耐荷重も2種規格の枠共に、水平荷重300kgに耐えられます<(財)日本建築総合試験所にて実施>。
軽金属性のアルミのステージですが、ステージ上で人が踊ったりした時に、金属音がしたりしないのでしょうか?
枠上に立脚している4本のダボピンに天板を差し込む、簡便な組立方法ですが、各所にラバーの緩衝材が介在し、組立完了時には金属どうしの接触ゼロ設計の消音ステージです。
ステージ枠の高さの範囲はどこまで製作できますか?
高さに関しては、200mm(20cm)~1,200mm(1m20cm)の範囲でお望みの高さをオンリーワン設計いたします。
面積(Width×Depth)に制限はあるのでしょうか?
お問合わせください、無限大で設計できます。互換性・効率性からは、幅900mm(90cm)の奇数倍数、奥行き900mm(90cm)・600mm(60cm)の倍数で幾らでも広がります。又、規格倍数外の、ご希望に合わせた面積の設計もできます。

アルミ製ひな段のよくあるご質問

整列人数の計算で、ひな段の天板(段板)1枚当り、何人乗ることができますか?
奥行30cm・40cm共に、ワイド幅90cm規格です。平均2.5人が整列できると計算しております。(5連で横方向に12~13人)
ひな段天板(段板)の耐荷重は?
奥行30cm・40cm共に、鉛直荷重700kgに耐えられます。
<(財)日本建築総合試験所にて実施>
ひな段枠の水平耐荷重は?
奥行30cm・40cm共に、水平荷重370kgに耐えられます。
<(財)日本建築総合試験所にて実施>
セットをすでに使用しておりますが、増設は可能ですか?
後方には標準で4段・横方向には無限に増設が可能です。

アルミ製やぐらステージのよくあるご質問

重たい楽器を置いたり、ミュージシャンが演奏したり、ダンサーが踊ったりしますが、アルミステージの耐久性・安全性は?
天板規格:900×600mmで鉛直荷重2,071kg(2.0t)・天板規格:900×900mmで3,071kg(3.0t)に耐えられます<(財)日本建築総合試験所にて実施>。次に、ステージ上で人が過激な動きするときに、発生する横方向への耐荷重も2種規格の枠共に、水平荷重300kgに耐えられます<(財)日本建築総合試験所にて実施>。
軽金属性のアルミのステージですが、ステージ上で人が踊ったりした時に、金属音がしたりしないのでしょうか?
枠上に立脚している4本のダボピンに天板を差し込む、簡便な組立方法ですが、各所にラバーの緩衝材が介在し、組立完了時には金属どうしの接触ゼロ設計の消音ステージです。
ステージ枠の高さの範囲はどこまで製作できますか?
高さに関しては、400mm(40cm)~1,800mm(1m80cm)の範囲でお望みの高さをオンリーワン設計いたします。
面積(Width×Depth)に制限はあるのでしょうか?
お問合わせください、無限大で設計できます。
互換性・効率性からは、
幅900mm(90cm)の奇数倍数、奥行き900mm(90cm)・600mm(60cm)の倍数で幾らでも広がります。
又、規格倍数外の、ご希望に合わせた面積の設計もできます。
やぐらステージの装飾オプションは?
●ポリエステル製提灯
電線をつなげる電飾タイプはお勧めしておりません。電飾提灯を使用される場合は、やぐらステージの縦支柱には、送電線を直接引かないでください。
やぐらステージから離した場所にやぐらステージに干渉しない別の支柱を設け、送電線のテンションがやぐらステージに直接かからぬよう配慮ください。
●紅白幕
ステージの大きさに合わせた紅白幕を、お作りします。ポリエステル100%でお洗濯が可能です。

アルミ製観覧席のよくあるご質問

掲載仕様以外の(より大型)製作も可能ですか?
お問合わせください、設置されるロケーション・観覧人員の人数・ご予算に応じて設計します。
サイドからの乗り降りができるステップ・手すり・背もたれ等のオプションの製作は可能ですか?
お問合わせください、ご相談のうえ状況に応じたオプションを加え、安全性重視のオンリーワン設計をさせていただきます。
オンリーワン設計品で、後の追加増設は可能でしょうか?
ご発注時に提出します、図面№で仕様を保存しております。又ご相談時に将来の増設に備えたネジ位置等の打合せを密にさせていただきます。後に既納品を回収して追加工をすることなくスームーズな追加増設を心掛けております。
ページトップへ戻る